個別指導塾の先生はプロ?それともバイト?

個別指導塾はデメリットもある

個別指導塾と言われるとマンツーマン体制でしっかりと勉強をする事が出来るので学力が大きく向上するとイメージされる方もいますが、実際にはデメリットも多くあります。様々なデメリットがありますが、その中でも先生の質が学力向上に大きく影響してきます。先生とはそもそもどのような人間なのか、それは塾によって異なりますが基本的にはアルバイトとして行われている事が多くなっていますのでプロと言うには能力が足りない部分もあります。個別指導塾ではアルバイトの先生が多い特徴がありますが、アルバイトだとデメリットになってしまう点が多いです。個別指導塾に通う場合には先生の質、アルバイトかプロなのかを事前に把握しておく事が大切です。

アルバイトの場合にはどうしてデメリットになる?

個別指導塾の先生がアルバイトの場合にはデメリットとして捉える事が出来ますが、その理由は様々です。まずプロの先生とは異なり指導するスキルが未熟であると言う点で学力向上に大きな影響を与えます。生徒に合わせた指導をする事が可能と言う個別指導塾の最大のメリットはありますが指導する側のスキルが未熟だった場合には最大限にメリットを活かせない状態になります。そしてアルバイトであった場合には、いつ辞めるのか分からないと言う事が大きなデメリットになります。プロになると専任の先生となりますが、アルバイトは受験等まで指導をしてくれるか分からないので途中で指導する先生や指導方針が変更される可能性もあります。その場合には生徒は困惑する事もありますので注意しなければなりません。

高校生の塾では大学受験向けの授業を開講していることが多いです。小論文対策を行っている塾もあり講師に添削をしてもらえます。