個別指導塾で質問したいときはどうする?

その都度や講師の巡回時に質問する

集団指導塾は講師一人が多くの生徒を前に授業をする仕組みで、授業中の質問を自由にできないときがあります。個別指導塾は講師一人に対して生徒は一人から数人になり、講師が一方的に授業を行うのではなく各生徒は個別に学習をするスタイルです。複数人の生徒でも講師が一人ずつ巡回してその時に勉強の進め方などを伝えてくれます。一対一の時は講師はほぼ付ききりで対応してくれるので、わからないところがあればその都度質問をすればいいでしょう。一方複数人を同時に見るタイプだと講師が付ききりで見てくれるわけではありません。一定時間ごとに巡回し指導をしてくれるので、その時に質問をすればいいでしょう。他の生徒の指導をしているときに無理に呼ぶのは良くありません。

授業以外の時間に質問ができる

個別指導塾に入塾すると授業スケジュールを決めます。曜日を決めたり時間を決めたりしておくと、その時間に講師から指導を受けられます。塾によって授業の進められ方は異なりますが、個々が学力や希望に応じた勉強をしてそれぞれに指導をする形で行われます。質問がしたいときは授業中にその都度行えますが、それ以外にもわからない部分があるかもしれません。その時は受付などを通じて質問をすればよいでしょう。集団指導塾では授業中の質問ができないときは授業後に講師の控室などに行くスタイルが多いですが、個別指導塾でも授業後やそれ以外の時間で質問を受け付けてくれます。ただいつでも希望の講師に質問できるわけではなく、希望の講師が授業中などだと待たなければいけません。

今後、小学校では英語が正式に教科化されます。中学受験の塾を選ぶなら、英語の指導もしっかりと行ってくれるところを探すべきでしょう。